目当てを達成するためには一環しか無い。日課をひたすら果たすことである。

標的を達成するためには一部しか弱い。日課をひたすらやりこなすことである。これを終えるためには何が必要なのかということを指し、毎日の任務をこなしてゆく。だがここであせってはいけない。最初は1ひとときですらやる気がもたないのだから。たとえば身が受験探究をやるとき、まずは10分け前卓に伺うことから始めた。そこから徐々にならして赴き、ついに一日何時間でも打ち込むことができるようになった。偏差甲斐も50から70になった。不思議なのは、当時の身はよく己啓発の媒体に書かれていることをほぼ自発的にやっていたことだ。そうとう意欲が高かったと思う。ただ受験探究以外は収支何もやらなかった。講座中は寝ていたし手入れとかそんな当番も根こそぎさぼって延着早退しまくっていた。体育も根こそぎぶっちしていた。あの頃がほんとうに妬ましい。これだけ専念する条件は残念ながら今はない。だが完全にあのときの意識を取り返すことができれば絶対に到達望めるはず。そのために日々開始を続けなければならない。http://slfhbc.com/